ペニオクのすべてを知り尽くす

オークションといえばお得に商品を手に入れることができる、しかもそれをインターネットでもはやなんでも変えてしまう時代。そのお得感を得ることができることからも利用者は後を絶たない・・・という部隊の裏にはいろんなトラブルがつきもの。その中でも最もトラブルが起きやすいとされている、ペニーオークション。これは、往来のオークションのシステムとは異なっているのに対して、格安で商品を落札できる可能性を大いに秘めているとして人気のオークションです。安さの裏には必ず裏があるのとはこういうこと言うのです。オークションといえば時間制限内にいくらまで支払うことができるか、その金額設定が高額であればある程手に入れることができるのです。個人としても出品することができるので、個人とのやり取りがさらにトラブルを生みやすくしています。

さて、ペニーオークションをいかにしてお得に、そしてトラブルに巻き込まれることなく利用することができるかどうかということをここで解説していくわけですが、まずはどういったトラブルが考えられるのかを説明する前に、ペニーオークションがなぜこれほどまでに人気を集めているのかということを解説しましょう。ペニオクにトラブルが多いということは、それと同じ類のモバオクも少なくないとは言い切れません。とにかく、オークションというのはリスクを背負っているものなので扱いには十分に注意しなければいけないということですね。

入札手数料とは

インターネットオークションには出品者・入札者・落札者が存在しています。出品する側は商品の名称、どんな状態であるか、開始価格、オークション期限をオークションサイトで設定する必要があります。ここで注目されるのは、商品の状態と、そしてオークション開始価格です。もちろんここではオークションの規定に基づいていなければならず、それに違反した人たちは直ちにオークションサイトから強制退会させられ二度と登録できなくなってしまうのです。ペニーオークションが注目を集めている理由はまず開始価格の安さです。高価なもののオークション開始価格が1円になっているものが大変数多く、低価格よりも破格名値段で購入できる可能性をペニーオークションで懸けているのです。

入札者たちはまずほしいものをオークションサイトで検索し、商品の状態を確認し、自分が求めているものが存在して入れば入札し、制限時間内に落札することを目的としているのですが、ペニオクではそこに入札手数料が発生します。これは最終的に落札することができなくても、あくまで入札手数料なので一回入札するごとに料金はがっていきます。そしてた落札したときの金額が安くてもその手数料によって金額が思っていたよりも高くなっていることがあるために、ここでトラブルが発生してしまうということです。

ページ一覧

  • TOP
  • ペニーオークションをシミュレーションしてみよう!
  • 1円オークションのはじめ方
  • ペニーオークションの利用は計画的に!
  • トラブルにあわない事前対策